【豚熱(CSF)の対応状況について】

前橋市内の農場で発生した豚熱(CSF)に関して、本日殺処分が終了しました。

24時間体制で2800人を超える多くの皆様にご協力をいただき、また昨年の高崎市内の豚熱事例の経験を踏まえて、予定よりも早く対応することができたのとこと。
今後は1週間程度かけて埋却・清掃・消毒等の防疫措置を行います。
https://www.pref.gunma.jp/06/f29g_00139.html(群馬県HP)

県内の飼育豚は全頭ワクチンを接種していますが、個体差があり、ワクチンで十分な免疫を獲得できるのは8割程度と言われています。

養豚農家の皆様にはそれぞれ徹底した衛生管理体制をとっていただいていますが、それでも防ぐことが難しいのがウイルスだと思います。

飼育衛生管理や感染経路の調査結果を待ち、さらなる対策の検討・強化に取り組む必要があります。

写真の説明はありません。