市民運動会

今日は市内の各地で市民運動会が開催されています。

東地区としては第59回目の運動会。来年60周年を迎えるにあたって、各町内ではユニフォーム(ビブス)を新調。今までは、はちまきを利用していましたが、17町内を一瞬で見分けるには目立つ印が必要だ!ということで、採点協議に参加する選手はビブスを着用することになりました。
 

私も栗拾いリレーに参加。
猛ダッシュで2着に滑り込みました!!
我ながら長靴と籠が良く似合います。

 

東地区市民運動会、始まりました。大利根小学校のマーチングです^_^

小川晶さんの投稿 2018年10月13日土曜日

中学生ボランティアも100人以上参加していただき、地域の絆を深めるにぎやかな一日になりました。

カテゴリー: お知らせ | 市民運動会 はコメントを受け付けていません。

繊維の魅力を発信!「Fashionable Gunma」

歴史と伝統、確かな技術をもつ群馬の繊維産業の魅力を、主に若い世代にPRするファッションイベント「Fashionable Gunma」が今日・明日の2日間、県庁で開催されています。

 

私も初日を堪能してきました〜!
ファッションモールには県内15企業が出店。私も愛用している松井ニットさんや、デザイン豊かな衣服や帯、カッコいい帽子や女性向けの可愛いグッズもたくさんあります♪

髪を失った女性のためのヘッドスカーフを作成している角田さんにもお逢いすることができて、感激!!エピテーゼ(人口パーツ)の田村さんに教えていただいてから、ずっとお逢いしたかった方です。
オシャレで実用的で、しかも群馬県産のシルクを使ったスカーフは、病気やストレスによる脱毛や外見の悩みを抱えている女性の強い味方になります(なんと言っても角田さん本人の笑顔が素敵ですね)

ぐんまシルクのコーナーでは、碓氷製糸株式会社、富岡シルクブランド協議会、群商工会連合会、(有)ミヤマ全織が出展。馬県美マスクやストール、大人気のアカスリタオルや化粧水も紹介しています。ぜひ手にとってシルクの感触を味わってくださいね。
着物の着付け体験コーナーもあり。そして、明日はファッションショーもありますよ〜!!

 

 

カテゴリー: お知らせ | 繊維の魅力を発信!「Fashionable Gunma」 はコメントを受け付けていません。

障がい者雇用を考える「ぐんまグッジョブフェア」

ぐんまグッジョブフェアにお邪魔してきました〜!
特別支援学校生徒による学習成果発表、ステージ発表、作品展示・販売や障害者施設等の製品販売会、雇用促進トップセミナーなど盛りだくさんの内容です。
 

 

小川晶さんの投稿 2018年10月10日水曜日

特別支援学校の生徒さんたちは、自分たちの作った商品を一生懸命売り込んだり、会計を担当したり、喫茶コーナーでは丁寧に注文をとったり、揃って綺麗にお辞儀をしていました(^^) 直接触れ合うことで、ともに働くイメージが掴みやすくなりますね。

障害者雇用促進法では従業員45.5人以上の企業に障害者雇用が義務付けられていますが、県内の企業で法定雇用率を達成しているのは57.5%(2017年)で、先日の障がい者雇用水増し問題で、群馬県も達成できていなかったことが明らかになったばかり。本当の意味で県が先頭に立って汗をかいていく必要があります。

さてさて、会場ではDET群馬の名物ファシリテーターにもお会いできて、先日発売したばかりの障害平等研修の参考書もゲット♪
DETもオリンピンク・パラリンピックに向けて、あちこちで実施されています。今は行政関係が中心ですが、今後は企業への展開にも期待したいところ。


他にも、農福連携のドライ枝豆やパンや野菜、パン皿や小物もたくさん購入。
ちょっと買いすぎました(^_^;)

カテゴリー: お知らせ | 障がい者雇用を考える「ぐんまグッジョブフェア」 はコメントを受け付けていません。

江田鏡神社の獅子舞

江田町の鏡神社秋季例大祭宵祭りが行われ、前橋市の重要無形文化財にも指定されている伝統の獅子舞が披露されました。

隔年で10月8日に行われているこの獅子舞は、五穀豊穣、無病息災、家内安全を願い、町の鎮守である鏡神社に奉納するもので、江戸末期から行われているそうです。

獅子舞は、前獅子、中獅子、後獅子の3匹の獅子に案内役のカンカチが付き、4人が円を描きながら舞う独特の踊りで、途中で獅子舞をほめる「ほめことば」と獅子からの「返しことば」の掛け合いが特徴です。
(掛け合いは、角の形がそれぞれ違う3匹の獅子の出で立ちをほめ、獅子が、自治会長の家でお酒や食事を用意し、前橋高崎の芸者を呼んでおもてなしをしましょう、と返していました)

地域の伝統が引き継がれていて、素晴らしいですね!

続いて、鏡神社の境内に移動しての獅子舞。この後、獅子舞をほめる「ほめことば」と獅子からの「返しことば」の掛け合いが行われました。(掛け合いは、角の形がそれぞれ違う3匹の獅子の出で立ちをほめ、獅子は、自治会長の家でお酒や食事を用意し、前橋高崎の芸者を呼んでおもてなしをしましょうと返していました。)地域の伝統が引き継がれていて、素晴らしいですね^_^

小川晶さんの投稿 2018年10月8日月曜日

 

 

 

カテゴリー: あきら日記(ブログ), 活動報告 | 江田鏡神社の獅子舞 はコメントを受け付けていません。

前橋まつり

10月6日、7日と、前橋まつりが盛大に開催されました!

(台風で心配された天気もまさかの真夏日に!)

前橋三大まつりの一つである前橋まつりは、戦後間も無い昭和23年に復興祭として始まったお祭りで、今年で70回目を迎えます。平成7年からは「前橋だんべえ踊り」が始まり、今年は子どもだんべえで市内の園児約3000人、大人だんべえでは約4000人の市民が祭りを盛り上げてくれました。

前橋祭り始まりました♪オープニングは元気なこどもだんべえ踊りです(・∀・)

小川晶さんの投稿 2018年10月5日金曜日

他にも、市内小学生による鼓笛吹奏楽パレードや大人みこし、各町内による伝統的な祇園山車、和太鼓の演奏や八木節、民謡踊り、様々なステージ発表など、多くの行事が開催されました。

私も前橋青年会議所の一員として、イベント広場と文化交流広場の運営のお手伝い。今年は2日間、本当に良いお天気で、たくさんの人出でにぎわっていましたね!

また、たくさんの方に声をかけていただきありがとうございます!ご縁に感謝です♪

参加して、触れあって、盛り上がって、地域の絆を深め、人と人との結びつきを強くするお祭りは日本人にとってはなくてはならないものですね。

カテゴリー: あきら日記(ブログ), 活動報告 | 前橋まつり はコメントを受け付けていません。