学生まち映画『スーブニール』

小川あきら です。

ずっと観たかった映画『スーブニール』

最終上映に間に合い、やっと観ることが出来ました!

これは、前橋市内の大学や専門学校などの学生が、前橋の中心市街地を舞台として学生の「やる気」を育み形にする「まえばしやる気の木プロジェクト」の一環として作成された映画です。

スーブニールとは「思い出」や「記憶」という意味ですが、自分の夢にまっすぐに向き合えない若者が、前橋空襲の記録をたどりながら、地域のことを知り、夢を追いかける大切さに気付くという内容です。

前橋の風景や、知っている人がたくさん出演しており、前橋のことがもっと好きになれる映画です。

監督の原澤芽衣さんと。

 

カテゴリー: あきら日記(ブログ), 活動報告 パーマリンク