青春の詩

小川あきら です。

今日は、中村県議のおそらく最後の一般質問でした。

「年を重ねただけでは人は老いない。理想を失う時に人は老いる。情念を失う時に精神はしぼむ。これは人だけではなくて、国も県政も同じだと思います。情熱をもって質問に移ります。」と、冒頭でサミュエル・ウルマンの詩を引用しながら挨拶。

長い経験を積んだ中村県議ならではの、重みと優しさと群馬県の未来を見据えた素晴らしい質問でした。

来年の大河ドラマ「花燃ゆ」

梶取素彦訳は、大沢たかおさんに決定しました!

 

カテゴリー: あきら日記(ブログ), 活動報告 パーマリンク