障がい者雇用を考える「ぐんまグッジョブフェア」

ぐんまグッジョブフェアにお邪魔してきました〜!
特別支援学校生徒による学習成果発表、ステージ発表、作品展示・販売や障害者施設等の製品販売会、雇用促進トップセミナーなど盛りだくさんの内容です。
 

 

小川晶さんの投稿 2018年10月10日水曜日

特別支援学校の生徒さんたちは、自分たちの作った商品を一生懸命売り込んだり、会計を担当したり、喫茶コーナーでは丁寧に注文をとったり、揃って綺麗にお辞儀をしていました(^^) 直接触れ合うことで、ともに働くイメージが掴みやすくなりますね。

障害者雇用促進法では従業員45.5人以上の企業に障害者雇用が義務付けられていますが、県内の企業で法定雇用率を達成しているのは57.5%(2017年)で、先日の障がい者雇用水増し問題で、群馬県も達成できていなかったことが明らかになったばかり。本当の意味で県が先頭に立って汗をかいていく必要があります。

さてさて、会場ではDET群馬の名物ファシリテーターにもお会いできて、先日発売したばかりの障害平等研修の参考書もゲット♪
DETもオリンピンク・パラリンピックに向けて、あちこちで実施されています。今は行政関係が中心ですが、今後は企業への展開にも期待したいところ。


他にも、農福連携のドライ枝豆やパンや野菜、パン皿や小物もたくさん購入。
ちょっと買いすぎました(^_^;)

カテゴリー: お知らせ パーマリンク