文学館と萩原朔太郎

今日は前橋文学館で、萩原朔太郎のお勉強。
七五調の文語定型詩を打ち破り、平易な言葉で自由に詠う「口語自由詩」を確立した萩原朔太郎は、現代詩の祖と言われています。
外の暑さを忘れるくらい、文学館の中は涼しくて快適♪
朔太郎橋を渡った先には朔太郎記念館(生家の一部)もあります。
是非、前橋が誇る詩人の息遣いを感じ取ってください。

カテゴリー: あきら日記(ブログ) パーマリンク