東地区ソフトボール大会★

小川あきら です。

地元・東地区のソフトボール大会に参加してまいりました。

当初6月に実施予定だったものが、雨天延期となって本日の開催になったものです。

絶好すぎるくらいのソフトボール日和!

熱中症対策のほうが心配になってしまうくらいの、暑い一日でした。

前箱田チームは、残念ながら、決勝リーグにはすすめませんでしたが、

体を動かして、とても気持ちのよい一日になりました。

カテゴリー: あきら日記(ブログ), 活動報告   パーマリンク

長野堰

小川あきら です。

珍しい用水路を見かけました★

群馬県高崎市内にある円筒分水<長野堰>です。

烏川から引き込まれた水が、この円筒分水堰によって、

倉賀野堰、矢中堰、上中居堰、地獄堰の4つの水路へ分配されています。

もともとは、灌漑用水として利用されていましたが、

今では、市街地全域の防火用水、環境美化用水等に寄与しているらしい‥。

全国でも珍しい分水施設で、「たかさき都市景観賞」にも指定されています。

カテゴリー: 活動報告   パーマリンク

常任委員会

小川あきら です。

本日は、産経土木常任委員会が開催されました。

テーマは、①住宅政策と太陽光パネルについて

②疲弊している建設業の振興について、でした。

近年、環境にやさしい暮らしづくりとして、

自然エネルギーの活用や省エネ製品が注目されてきましたが、

震災後、とくに需要が高まっているのが太陽光パネルです。

国、県、市町村でそれぞれ補助制度が設けられているため、利用者も当然増えています。

そこで気になるのが、いったいどれくらいの期間で、設備投資費用が回収できるのか。

今日の県当局の説明では、約12年でコストが回収できるとのことでした。

前橋市内の一般家庭で出力4kWの太陽光パネルを設置する場合、

設置費用は約200万円かかるといわれていますが、

国から約19万円、県から8万円、市から8万円の合計37万円の補助が受けられます。

残りの約163万円については、自家発電による電気料金の節約や

余剰電力の売電収入により、12年後には回収できるとのことでした。

自然エネルギーの活用には賛成ですが、太陽光パネルの契約件数が増えている分、

消費者と業者との間のトラブルも増えているようです。

メンテナンス(保障期間)は契約上どのようになっているか、

設置上の問題はないかなど、事前に十分確認してから契約することをお勧めします★

カテゴリー: お知らせ, 活動報告   パーマリンク

小さな村

小川あきら です。

本日最終日の、「小さな村、片品村で起こったこと」写真展に行ってきました。

片品村は、東日本大震災と福島第1原発事故で、多くの避難者を受け入れた村。

その支援活動を振り返る展示会です。

人口は約5200人の村が、全国で真っ先に被災者受け入れに名乗りをあげ、

3月18日には福島県南相馬市から約1000人の被災者が避難することとなりました。

混乱と不安の中、支援物資の配布や健康調査の実施、病院への送迎など、

できることから支援活動を始め、その輪がだんだんと広がっていった様子がよくわかります。

多くの人の善意に支えられたこの5カ月間。

片品村の活動を通して、人の優しさや、人と人とのつながりの大切さを

改めて感じることができる、そんな貴重な展示会でした。

  

  

  

  

  

カテゴリー: お知らせ, 活動報告   パーマリンク

桐生にて。

小川あきら です。

今日は、桐生市の市民文化会館で行われた、

国道50号バイパス建設促進期成同盟会の総会に出席。

前橋市~みどり市にかけてのバイパス建設の早期完成を促進する事業です。

いつも桐生まで行く際には、1時間15分の時間を見ているのですが、

今日は50号の1車線の区間でいつも以上に混んでしまい、1時間半近くかかってしまいました。

あらてめて、主要道路の渋滞緩和策について考えさせられた1日でした。

総会の後、桐生に住んでいる大学時代の同級生を訪問。

市議会議員をしている彼は、スウェーデン風の議員活動を目指しており、

市民と市会議員の交流の場(サロン)を提供して、

そこで、市民と市会議員が一緒になって政策を作る(政策スタジオ)、

そういう市民手作りの地域社会を作りたい!と、日々奮闘しています。

久しぶりの再会はとても刺激になりました!

私も似たような考えから、小さな子供からお年寄りまで気軽に立ち寄ってくつろげる事務所、

みんなでワイワイガヤガヤ話し合いながら、

良いアイデアが生まれる空間作りを目指しています。

お近くにお寄りの際は、ぜひ覗いてみてください★

カテゴリー: お知らせ, 活動報告   パーマリンク